ブログBLOG

心地よい暮らし

2022.3.11
スタッフブログ

設計の井上です。

halu koti では、

新生活を始めるお客様が新居で“心地よく快適に暮らせる”ことを大切に間取りを提案しています。

どんなに素晴らしい設備やデザインを取り入れても、室内が散らかっていては、心地よい住まいとは言えません。

心地よい暮らしに欠かせないのが、整理・収納です。

新築を計画する際には、収納計画を建てましょう!と推奨していますが、まず、土台になるのは“整理”です。

 

整理とは、不必要なものを取り除き区別すること。

 

“整理”をすると様々な効果が生まれます。

 

まず1つ目に、時間的効果です。

探しモノは人生において、もっとも無駄な時間と言われます。

整理をしていれば探しモノに時間を使うことがなくなり、その時間を有効活用できます。

 

次に、経済的効果です。

整理がされていないと、自分の持ち物が把握できないため、2度買いや無駄買いが多くなります。

家の中を片づけていたら賞味期限切れの食材が出てくる、、など、

ひとつひとつは小さな金額でも、積もり積もれば大きな損失です。

 

最後に精神的効果です。

整理のされてない部屋は、視覚的に雑然としているため、イライラしがちです。

モノを管理できない自分への自己嫌悪になったり、

散らかった部屋が原因で家族関係が悪くなることもあります。

 

整理収納理論が身につくと、

自分にとって必要なモノは何か。を見極める判断力が養われます。

判断力は整理収納だけではなく、様々な点でよい効果をもたらしてくれるので、

おうちづくりを始める前に、

まずは1番身近な引き出しから整理して、整理による快適さを実感していただきたいと思います。