ブログBLOG

設備選びについて②

2022.2.4
スタッフブログ

N BRAND事業部 設計アシスタントの丸山です。

今回も設備について書きます。

以前のブログでも記載しました通り、N BRANDでは標準外の設備をLIXILで統一しておりますが、他社様の設備を入れることも可能です。

私の自宅ではキッチンとUBをPanasonicにしました。Panasonicのキッチンと言えばフラットの3口横並びIHです。元々掃除が好きではありますが、より掃除しやすくしたいという思いが強く、このキッチンに惹かれました。一般的なIHはカウンターの上に設置するので1cm程度の段差ができてしまいます。しかし、このフラットIHはカウンターの天板とフラット!そしてIHのスイッチは側面からプッシュ式で出てくるタイプの為、ほとんど汚れがついたことがありません。また、フラットで不陸がないことでIHとカウンターの部分にボウルを置くことが可能です。つまり、使用していないIHまでがカウンターとして使用できます。(IHですので衝撃を加える作業はNGです。) 3口IHの為、真ん中の火力は弱いですが、普段使用しないラジエントヒーターよりは大活躍です。煮込み料理の際は特に役立ちます。

UBではライン照明に惹かれました。また、ガラスドアを採用したかったので、LIXILとPanasonicで見積を取ったところ、後者がまだ安価に設置できるとのことでPanasonic採用しました。追加金額はかかりましたが、鏡を無くしたり、浴室暖房乾燥機を無くすなど細かなところまでそぎ落としたシンプルプランにした為、大幅な追加金額にはなりませんでした。

グレードを上げて不要なものを無くす等、工夫して設備を選ぶことで大幅な追加金額を抑えることが可能です。

設備は必ずといってもいいほど追加金額が発生しますが、一生に一度と言われるお家つくりですのでとことんこだわった方がQOLが向上します。